スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもやお漏らし・・・後編 ┐(´д`)┌ヤレヤレ

前回のシリンダーヘッドを外すところからの続きですが


その前に、個人的にウケた拾い画像を・・・
a1903dc0.jpg




あっ! こんなところにボタンが・・・押してみる?( ̄ー ̄)
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ





それでは本題です(´∀`)


シリンダーヘッドを外すには、真上に上げてから左側へ引き抜くのですが


下画像の冷却水ホースが邪魔で浮かす事が出来ないのです


ここでようやく最初の疑問が解決しました( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ


シリンダーヘッドを浮かすためにはシリンダーヘッド上の冷却水ホースを外さなければならず


冷却水ホースを外すと、ホース内の冷却水がドバーッとこぼれてしまいます


・・・なので、事前に冷却水を抜かなければならないのですねφ(`д´)メモメモ...
IMG_3893new-1.jpg


ようやくシリンダーヘッドが外れましたの図
IMG_3896new.jpg


古いガスケット類を外す前の1番側から
IMG_3897new.jpg


古いガスケット類を外した後の4番側から
IMG_3898new.jpg


結構な量の耐熱シールを使用しているようなので


スクレーパ等で、接合面の耐熱シールを念入りに除去します


新しいシリンダーヘッドガスケット&プラグホールガスケットを装着済みの1番側(`・ω・´)シャキーン
IMG_3899new.jpg


そして4番側
IMG_3900new.jpg




あっ! こんなところにもボタンが・・・
にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ





ガスケット類の交換が終わったので、ブローバイ付近に付着したカーボンのお掃除を・・・
IMG_3901.jpg


綺麗になったシリンダーヘッドを取り付けます
IMG_3902new.jpg


取り外した冷却水ホース&ブローバイ関係&点火プラグ等を取り付けて
IMG_3904new.jpg

IMG_3905new.jpg


ついでにエンジンオイルも交換しちゃいます
IMG_3903new.jpg


オイルドレンボルトは某オクで入手済みのものに交換してみる事に・・・( ̄ー ̄)ニヤリ
IMG_3907.jpg


このドレンボルトは超強力マグネット付との事ですが


どれくらい強力かと云うと、重いラチェットレンチが持ち上がっちゃいますよ( ゚Д゚)ウヒョー
IMG_3906.jpg


さぞかしシリンダー内の鉄粉を吸着してくれることでしょう(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン




またまた、ボタンが・・・
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ





最後にラジエター冷却水を注入してからアイドリングでオイル漏れの有無を確認しておきます
IMG_3908new.jpg


大丈夫みたいなので作業終了としましたε-(´∀`*)ホッ
IMG_3909new.jpg


シリンダーの塗装がだいぶ剥げかけているので


TAMIYAのプラカラーで補修しなくては・・・( ^∀^)ゲラゲラ
スポンサーサイト

またもやお漏らし・・・前編 ┐(´д`)┌ヤレヤレ

昨年末の事ですが、しばらくプラグ交換していなかったので


過去の整備記録を見てみると・・・


前回交換したのは2011年5月で前回交換後、16000kmも走っておりましたΣ(゚Д゚;)アラマッ




あっ! こんなところにボタンが・・・押してみる?( ̄ー ̄)
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ





点火プラグは、いつも某オクで箱単位(10本入り)のものを入手しておりまして


まだストックが有ったので交換してみると・・・


3番プラグのネジ山部にエンジンオイルが付着しておりました((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


過去にブロ友のmasaさんcastleさんもプラグホールからのオイル漏れでガスケット交換しておられたので


事前に入手しておいたヘッドガスケット&プラグホールガスケットに交換する事に・・・


事前にKAWASAKIサービスマニュアルで手順を確認してみると


最初にラジエター冷却水を抜く事と云う項目が有るのですが


この時点では、その必要性が全く解らず( ゚д゚)ポカーン


ZRXは水冷エンジンなのですがシリンダーヘッド部まで冷却水が循環してないんですよね


果たしてシリンダーヘッド外すのに
冷却水を抜く必要が有るのか?



納得いかないまま、まずはサービスマニュアルに従ってラジエター冷却水を抜く事に・・・




あっ! こんなところにもボタンが・・・
にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ





タンクを外してからラジエター冷却水ドレンボルトを緩めます
IMG_3889new.jpg


完全にドレンボルトを外しても冷却水はポタポタとしか抜けて来ませんが


冷却水注入口のキャップを外すと
IMG_3890new.jpg

IMG_3891new.jpg


勢いよく冷却水が排出されるので何かで受けておきましょう
IMG_3892new.jpg


プラグキャップ&プラグを取り外しましたの図
IMG_3893new.jpg


シリンダーヘッド部からのオイル漏れは無かったのですが


下画像の辺りに薄く亀裂が入っていたので、シリンダーガスケットも交換時期だったようですね
IMG_3894new.jpg




またまた、ボタンが・・・
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ





次にシリンダーヘッド上スペースを確保するためにブローバイ関係を取り外します
IMG_3895new.jpg


その後、シリンダーヘッド取り付けボルトx6本を外してから


シリンダーヘッドを垂直に浮かして左側へ引き抜くのですが・・・


長くなりそうなので、続きは次回に・・・(´・ω・)スマソ

ようやく重い腰を上げて 後編 ┐(´д`)┌ヤレヤレ

ステムベアリング交換の続きです




あっ! こんなところにボタンが・・・押してみる?( ̄ー ̄)
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ





それでは、下側ベアリングレースを抜いてみましょう
IMG_3628.jpg


通常、この手のベアリングレースを抜く時には


反対側から長めの金属棒を入れ、棒の先をレースの端に当てた状態でハンマーで叩き出すのですが


ZRXの下側ステムはレース部が広くなっているので


この方法が使えないのです


特殊工具を使用すれば簡単に抜けますが、次回いつ使用するか解らない特殊工具に


数万円も出せないので、裏ワザを使う事に・・・
IMG_3629.jpg


近所のホームセンターで調達した総額40円の特殊工具
IMG_3630.jpg
*どなたかのサイトを参考にさせていただきました


M6のボルトx1個とナットx2個です


これを下画像のようにダブルナットにして使用します
IMG_3631.jpg


後は、上側から金属棒を突っ込み、ボルトの真ん中辺りに当てハンマーで叩けばレースは外れます


そして外れました下側ベアリングレース
IMG_3635.jpg


ドエライ事になってますたいへんだ


レース表面に1mm近い段差が出来てます


この事からも、当たり前ですが上側レースには大した荷重がかからず


下側にはかなりの荷重がかかるのが実証できました


今回、事前に用意した純正部品はこんな感じ
IMG_3632.jpg


新品の下側レースを叩き込みましたの図
IMG_3637.jpg


モチのロンで打痕や凹凸も無く美しいです




あっ! こんなところにもボタンが・・・
にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ





実はこの後の作業が一番大変な作業でして・・・


下側ベアリングは、ステムシャフトに叩き込んであるのですが


これを抜かなければならないのです


お約束でドタバタしていたので、この後の画像撮る余裕無しです


脚の長いベアリングプーラー等が有れば、短時間での作業で簡単に抜く事が出来ますが


そんなものは無いので、ベアリングとステムの隙間にタガネを当てて


ハンマーでガンガン叩きましたが、全く隙間が広がる様子は無く


ベアリング自体をタガネで叩き割ってやろうにも固くて・・・


最終手段でサンダーでベアリング切っちゃいました


ステムシャフトへのオイルシール&下側ベアリングの圧入は大した問題では無く


新品の上下ステムベアリングには高耐圧のオメガグリスをてんこ盛りに塗りつけて組み込んでおきました
omega-1.jpg


ステム組み込みの最終作業として、ステム調整用ナットの締め込みとなるのですが


締め込みが甘いと、ベアリングとベアリングレースの隙間が出来てしまい


走行中にカタカタと音が出ます


また、締め込み過ぎるとハンドルを切った時の感覚が固くなるという・・・


適正な締め具合が解らないので、手で締まるとこまで締めてから


貫通ドライバー&ハンマーで45度くらい締めておきました


適正かどうかは、走ってみないと解らないので・・・
IMG_3638.jpg


下側ベアリングのオイルシール辺りからはオメガグリスがハミ出すくらいに入っております
IMG_3639.jpg




またまた、ボタンが・・・
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ





ステムオーバーホール後の試走は、この時となるのですが


やはり締め付けが甘かったようで、小さなギャップを超えるたびにカタカタと・・・


帰宅後、再度バラして増し締めしときました


これでまた、安心して走れます


ステムが良い状態だと、これほどまでに安心して走れるとは・・・

ようやく重い腰を上げて 前編 ┐(´д`)┌ヤレヤレ

以前からブログにも書いておりましたが


ZRXのステムが限界のようです




あっ! こんなところにボタンが・・・押してみる?( ̄ー ̄)
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ





状況としては、ハンドルを左右に切った時にゴリゴリという嫌な感触でして


これは、ステムレースにステムベアリングの打痕が入っている状態です


ステムベアリング自体も、マメに古いグリスの除去&新しいグリス塗布を行っておれば


ある程度の延命化は可能でしょうが


全くメンテをしておらず、10年落ち&走行:70,000kmでは限界のようです


ご存じのようにステムにアクセスする為には、フロント周りを全バラします


ビキニカウル&Fホイール&Fフェンダー&Fキャリパー外しましたよの図
IMG_3617.jpg


モチのロンで、この時点ではステムベアリングは見えません
IMG_3618.jpg


上側ベアリングも見えません
IMG_3619.jpg


その後はフォーク&カウルステー&ヘッドライト&メーターユニット辺りを全てバラします


ハンドルポストを外してから、ようやくステムナットを緩めます
IMG_3620.jpg


この状態では、まだベアリングの状態が解りませんね
IMG_3621.jpg


下側ベアリングも隙間から覗いても全く見えません
IMG_3622.jpg




あっ! こんなところにもボタンが・・・
にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ





ハンドルクランプを外すと、ようやく調整用ナット&まわり止めが見えました
IMG_3623.jpg


一度も開けた事無かったので、掃除しながらの作業となり時間がかかります
IMG_3624.jpg


調整用ナット&まわり止めを緩めると、ようやく上側ステムベアリングが見えました
IMG_3626.jpg


事前にネットで調べたところ、新車時はごく少量のグリスしか塗布されておらず


新車でも出来るだけ早くグリスアップした方が良い


などの書き込みを見ましたが、グリス量は決して少なくないですね


もしかして、前オーナーがグリスアップしていたかも・・・です


上側ベアリングは乗っかっているだけなので、手で持ち上げると簡単に外れます


上側ベアリングレースの状態は?
IMG_3633_20130529164300.jpg


画像では縦に薄くスジが入っているように見えますが、指の腹で触っても全く凹凸を感じません


上側のベアリングは交換しますが、上側ベアリングレースはそのまま使用する事に・・・




またまた、ボタンが・・・
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ





そして、肝心な下側ベアリングレースの状態は?
IMG_3627.jpg


フレームに装着した状態だと見辛いですが、指で触ってもガタガタです


続きは後編で

なんとか車検通りましたyo (/ω・\)チラッ

土壇場でZRXの車検有効期限に気が付いた訳ですが




あっ! こんなところにボタンが・・・押してみる?( ̄ー ̄)
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ





自宅からですと、ユーザー車検は下記の2箇所の内から選択する事になりますめも
①大阪運輸支局(大阪府寝屋川市)
②なにわ自動車検査登録事務所(大阪市住之江区)



4月9日時点で、陸運支局の予約サイトにて確認したところ


4月11日&12日のどちらも午後なら空きが有りました
*なにわ自動車検査登録事務所は、終日午前の検査無し


取り敢えず、4月11日(木):大阪運輸支局へ仮予約を入れ


帰宅後は、自宅前で灯光器で照らしながらのマフラー交換です


スリップオンなら消音器の交換のみなので5分もあれば出来ますが


フルエキはエキパイ根本からの交換なので大変なのですやれやれ


最初にラジエターをズラして作業スペース確保から・・・


ラジエター取り付けボルト(左右各2本)の上側を外すと・・・
IMG_1172m.jpg
(過去画像の使いまわし)


ラジエター取り付けボルト(左右各2本)の下側を外すと・・・
IMG_1174m.jpg
(過去画像の使いまわし)


これでようやくラジエターが1番側:約20mm、4番側:40mm前に逃がす事が出来


エキパイ交換の為の作業スペースが確保できますふむふむ


外側のフランジナットはメガネレンチ等で簡単に緩められますが・・・
IMG_1173m.jpg
(過去画像の使いまわし)


フランジナットx8個の内、残りの6個はラチェットレンチ&延長棒&ユニバーサルジョイントが無いと


緩める事は不可能ですめも


約3時間の格闘の末、マフラー&ヘッドライト球の交換も無事終了し


再度、検査場の予約サイトでキャンセルが出ていないか確認してみたが


午前中の空きは無くなんですと


午後からの検査では、予約済の大阪運輸支局は14時スタートですが


なにわ自動車検査登録事務所のスタートは13時と1時間早いので


急遽、なにわ自動車検査登録事務所にて再予約




あっ! こんなところにもボタンが・・・
にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ





4月11日(木)は早めに到着して事務手続きを完了させるために


10時半に自宅を出発したのですが


排気音の余りの静かさに他人のバイクみたい・・・ちらり


南港のなにわ自動車検査登録事務所に到着し
20130411_115156.jpg


自賠再保険の24ヵ月加入&重量税払込みを終わらせて


各種書類の書き込み後、ユーザー車検受付窓口での申請が終わると


午後の検査スタート時刻である13時まで、何もする事が無く


主そうなノーマルマフラー仕様をパチリ!
20130411_132739.jpg


後から見ても・・・
20130411_132751.jpg


車検場のバイク駐車スペースにド派手なバイクが・・・たいへんだ
20130411_113751.jpg
(持ち主さん、無断掲載(´・ω・)スマソ)


アレで車検通るのなら、先日のノーマル戻しの苦労は何だったのか?


・・・と思っておりましたが、別の用事で来られてただけみたい


この検査場では、一番右端のDSと記入のあるディーゼル用で二輪車の車検をします
20130411_114048.jpg


そして13時となり、全く光軸合わせもしておらず


出たとこ勝負の車検が始まりましたわくわく




またまた、ボタンが・・・
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ





順番は3番目だったのですが、何も問題無く無事合格となりました


検査時間は10分くらいでしょうか?


自分の前のCB400Fourの方は、光軸検査で光量が足りないようで


懸命に空ぶかしして少しでも光量を確保しておられましたが再検査のようです


旧車は、事前にヘッドライト光量確保等の対策が必要ですね


今回の検査内容
①左右ウインカーの正常点滅動作確認
②前後ブレーキによるストップランプ点灯確認
③速度計表示値の誤差範囲内確認
④前後ブレーキの動作確認
⑤排ガス検査
⑥ヘッドライト光軸テスト


前回(2年前)の車検時には、なぜかストップランプが点灯せず


車検場の駐車場でテールカウルをバラして確認したところ、コネクターの接触不良でした


今回は何らトラブルも無く、自宅に帰りついてすぐにマフラー戻しときましたまたね
プロフィール

ケルト

Author:ケルト
『ケルト』は、うちのコーギー♂の名前です

20数年ぶりにリターンライダーしました・・・・・でもカメですΣ(゚Д゚ υ) アリャ

ソロツーが多いので、お誘いヨロシクです

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
ブロとも一覧

赤いZRXの日記

カレーショップバラ 日赤前店

微妙に遅いライダー 巨神兵のプリンはいかがですかな?

ライムグリーンで行こう!@ブログ

ZRX1100日記 -Free Spirit-

やまぴこ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。